白紙のPDF

需要があるかは謎ですが,白紙のPDFを置いてみます。改造や再配布はご自由にどうぞ。

これらが必要になる場面としては例えば,「幾人かの原稿をまとめて一つのPDFにしたいのだけど,各人の1ページめは必ず奇数ページにこないといけない」ような状況を想定しています。花子さんの原稿が3枚で次に太郎さんの原稿を置く場合,間にこの白紙PDFを挟めば良いかと。pdftk でやるならこうですね。

pdftk hanako.pdf blanksheet-a4-portrait.pdf tarou.pdf cat output all.pdf

Acrobatを持っている場合は新規空白ページを作成する方法(Acrobat X)でも可能なようですが,スクリプトでだーっとやりたい場面が多いので。

なお,これらのPDFは,Ruby と libHaru を用いて以下のようなスクリプトで生成しました。

#!/usr/bin/env ruby
require "hpdf"

sizes = %w(A4 A3 A5 B4 B5 LETTER)
directions = %w(PORTRAIT LANDSCAPE)

directions.each do |direction|
  sizes.each do |size|
    pdf = HPDFDoc.new
    page = pdf.add_page
    page.set_size(eval("HPDFDoc::HPDF_PAGE_SIZE_#{size}"),
                  eval("HPDFDoc::HPDF_PAGE_#{direction}"))
    pdf.save_to_file("blanksheet-#{size.downcase}-#{direction.downcase}.pdf")
  end
end

(2017-05-15 追記)
上記スクリプトは libHaru を用いていましたが,libHaru を Ruby から使う場合は hpdf.so が Ruby のバージョンに依存してしまうのがちょっとつらいところです。

Prawn は Pure Ruby なのが良いですね。というわけで最近PDF生成関係のスクリプトを Prawn で書き直したりしています。A4ポートレートの白紙PDFをPrawnで生成するとしたらこんな感じでしょうか。

#!/usr/bin/env ruby
require "prawn"

Prawn::Document.new(:page_size   => 'A4',
                    :page_layout => :portrait).render_file("hakushi-a4.pdf")

白紙のPDF」への4件のフィードバック

  1. null

    白紙PDFですが、ホチキスを外した裏紙をプリンタにセット一度慣らす際に使っています。
    iPhoneから99部印刷するといい感じにプラスされて詰まり防止になりますね。
    ありがとうございます。

    返信
    1. kujipon 投稿作成者

      そういう使いみちもあるのですね。意外なところで役に立って良かったです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。