Raspberry Pi をデジタルサイネージにする(動画流しっぱなしプレイヤにする)

坂本研Webの大学院講義「フィジカルコンピューティング特論」作品展示でも書いたのですが,この展示では1つの紹介動画をループ再生で流しっぱにしています。

要するにデジタルサイネージみたいなものですが,一度設定したらあとは管理フリーにしたかった(つまり放置したい)ので,以下のような条件でやりたいと思いました。

  • 朝自動的に起動し,夜自動的に終了する。
  • 自動的に起動したときに,動画を自動的に再生し始めたい。

これを何で実現するか考えたとき,

  • ノートPCやNUC: 定時の電源ON/OFFの設定が,少し調べた感じBIOSの対応を調べなければならず,面倒そう。かといって,外付けタイマーでON/OFFすると今度は「OSが正常にシャットダウンされませんでした」とか出そう。
  • デジ像などのメディアプレイヤ: 意外と高い。応用が効かない。レジューム再生はできるけど,それをループ再生にはたぶんできない。
  • デジタルフォトフレーム: 意外と高い。応用がかなり効かない。動画のフォーマットも限られている。

などと考えていったら,Raspberry Pi で実現するのが良いんじゃないかと思いました。表示はごく普通のPC用液晶ディスプレイを使う。ただしごく普通の安いのはHDMIがついていないこともあるので,HDMI-DVI変換をする。電源ON/OFFは外付けの家電用タイマで行う。

というわけで,主なものとして以下の機器を用意しました。

その他細かいものとしては以下を使いました。

RasPi2 には 2015-05-05-raspbian-wheezy をインストールし,raspi-config の Enable Boot to Desktop/Scratch では graphical desktop を選択します。

動画は今回は 960×540 (16:9), mp4(AVC/H.264), 29.97fps, 3Mbps で作りました。動画のアスペクト比やコーデックなどにあまり制限されないのも RasPi でやるメリットだと思います。この動画を RasPi2 の適当なディレクトリに置きます。

raspbian には動画プレイヤ omxplayer が始めから入っており,これでフルスクリーン再生ができます。
これを起動時に動作させるようこの辺などを参考に /etc/xdg/lxsession/LXDE-pi/autostart に以下を追加します。

@omxplayer --refresh --loop /path/to/video.mp4

リブートしたらだいたい期待通りの動きになりました。

これでうまくいくかと思ったのですが,テストのためしばらく放置してみると再生がフリーズしていることがあります(OS自体は動いています)。また,動画の最後の2~3秒が無視されて最初に飛んでしまいます。

そこで,OMXPlayer公式から最新ビルドomxplayer_0.3.6~git20150710~4d8ffd1_armhf.debを取ってきて以下のようにインストールします。

# wget http://omxplayer.sconde.net/builds/omxplayer_0.3.6~git20150710~4d8ffd1_armhf.deb
# dpkg -i omxplayer_0.3.6~git20150710~4d8ffd1_armhf.deb

なお,OMXPlayer公式にある以下の手順は必要ありませんでした(2015-05-05-raspbian-wheezyには既にこれらのパッケージの最新版が入っていました)。

# apt-get install libpcre3 fonts-freefont-ttf
# apt-get install fbset


これで完璧に動くようになりました。

あとはデジタルプログラムタイマで,RasPi と液晶ディスプレイの両方を定時ON/OFFするように設定しました。

Windows 7のボタン風LaTeXマクロ

LaTeXの文中でWindows7のボタンっぽいものを表示するマクロを作ってみました。

button.sty

例えば,

\documentclass{jreport}
\usepackage{button}
\begin{document}
こまめに\button{保存}ボタンを押しましょう。
\end{document}

とすると,以下のようになります。

button-sty-sample

また,

\button[150]{保存}

のようにすると,通常サイズの150%の幅のボタンになります。

続きを読む

RubyでPDFのページ数を数える

Rubyスクリプトから,既存のPDFファイルの総ページ数をカウントしたいことがたまにあります。

方法はいくつか考えられます(多少強引なのも含めて)。

PDF::Readerを使う方法

たぶん一番スマート。

#!/usr/bin/env ruby
require 'pdf/reader'

fname = "test.pdf"
p PDF::Reader.new(fname).page_count

PDF::Readerはgemでインストールできます。

$ gem install pdf-reader

続きを読む

白紙のPDF

需要があるかは謎ですが,白紙のPDFを置いてみます。改造や再配布はご自由にどうぞ。

これらが必要になる場面としては例えば,「幾人かの原稿をまとめて一つのPDFにしたいのだけど,各人の1ページめは必ず奇数ページにこないといけない」ような状況を想定しています。花子さんの原稿が3枚で次に太郎さんの原稿を置く場合,間にこの白紙PDFを挟めば良いかと。pdftk でやるならこうですね。

pdftk hanako.pdf blanksheet-a4-portrait.pdf tarou.pdf cat output all.pdf

Acrobatを持っている場合は新規空白ページを作成する方法(Acrobat X)でも可能なようですが,スクリプトでだーっとやりたい場面が多いので。

なお,これらのPDFは,Ruby と libHaru を用いて以下のようなスクリプトで生成しました。

#!/usr/bin/env ruby
require "hpdf"

sizes = %w(A4 A3 A5 B4 B5 LETTER)
directions = %w(PORTRAIT LANDSCAPE)

directions.each do |direction|
  sizes.each do |size|
    pdf = HPDFDoc.new
    page = pdf.add_page
    page.set_size(eval("HPDFDoc::HPDF_PAGE_SIZE_#{size}"),
                  eval("HPDFDoc::HPDF_PAGE_#{direction}"))
    pdf.save_to_file("blanksheet-#{size.downcase}-#{direction.downcase}.pdf")
  end
end

(2017-05-15 追記)
上記スクリプトは libHaru を用いていましたが,libHaru を Ruby から使う場合は hpdf.so が Ruby のバージョンに依存してしまうのがちょっとつらいところです。

Prawn は Pure Ruby なのが良いですね。というわけで最近PDF生成関係のスクリプトを Prawn で書き直したりしています。A4ポートレートの白紙PDFをPrawnで生成するとしたらこんな感じでしょうか。

#!/usr/bin/env ruby
require "prawn"

Prawn::Document.new(:page_size   => 'A4',
                    :page_layout => :portrait).render_file("hakushi-a4.pdf")

Linuxでxlsxをxlsに変換

LibreOfficeが入っていれば,

libreoffice --headless --invisible --convert-to xls:"MS Excel 97" foo.xlsx

という感じで良いみたいですね。

毎月事務局から送られてくる学食の営業情報のxlsファイルを,htmlに適当にコンバートして公開するのをRubyとSpreadsheetライブラリでやっていたのですが,今月からxlsではなくxlsx形式に変わってしまって,かつSpreadsheetはxlsxに対応してないようなので,この手の変換が必要になりました。

ちなみに学食営業情報ページはこちらです