カテゴリー別アーカイブ: LaTeX

YaTeXでタイプセット時に.dviと.logを削除する

近年のLaTeX環境においては出力はほぼPDF一択になったため,dviを保存しておく意味はほとんどなくなっているのではないかと思います。

YaTeXを使っている場合に,YaTeXでタイプセットした瞬間についでに .dvi と .log を削除してしまう設定が無いか調べてみたのですが,そういう機能そのものは無いかも知れません(調べが足りないだけかも)。

そこで以下のように現在はしてみています。

まず .emacs (や .emacs.el 等)に以下のように書いておき,

(setq YaTeX-dvipdf-command "~/bin/mydvipdfmx.sh")

さらに,$HOME/bin/mydvipdfmx.sh として以下のようなシェルスクリプトを置きます。

#!/bin/sh

dvipdfmx $1
rm ${1%dvi}.log
rm $1.dvi

echo "DELETED:" "${1%dvi}.log" "$1.dvi"

これで,YaTeXから C-c t d すると,PDF生成と同時に .dvi と .log は削除されます。
自分では latexmk よりもこんな感じの方がしっくりきます。

LaTeXのlistingsパッケージ用Arduinoスタイル

LaTeXのlistings向けに,Arduino言語用のスタイルの設定を作ってみました。
Arduino IDEでの見た目と同じような感じでシンタックスハイライトを行います。

ライセンスはMIT licenseでお願いします。
TeX Live 2016 で動作を確認しました。

ダウンロード: listings-arduino.sty 1.8.5a

サンプル:

上記サンプルのファイル一式(TeX Live 2016で動作確認。Ubuntuではtexlive-fonts-extraも入れて):
listings-arduino-sample

背景:
うちの研究室の卒業論文はソースコードも掲載してもらうことにしています。
Arduinoを使う研究も多いのでそのソースコードも良く載せるのですが,その際listingsではlanguage=Cかlanguage=C++を使っていました。しかしどうせならArduino IDEと同じ見た目の方がカッコ良いので,作ってみることにしました。

どのトークンをシンタックスハイライトするかですが,Arduino IDEのソースコードには,シンタックスハイライトのためのルールファイルのようなものが含まれているようです。
例えば,build/shared/lib/keywords.txt にTSV形式で以下のように書かれています。

# LITERAL1 specifies constants
HIGH	LITERAL1	Constants	RESERVED_WORD_2
LOW	LITERAL1	Constants	RESERVED_WORD_2
INPUT	LITERAL1	Constants	RESERVED_WORD_2
INPUT_PULLUP	LITERAL1	Constants	RESERVED_WORD_2
OUTPUT	LITERAL1	Constants	RESERVED_WORD_2
…
delay	KEYWORD2	Delay
delayMicroseconds	KEYWORD2	DelayMicroseconds
digitalWrite	KEYWORD2	DigitalWrite
digitalRead	KEYWORD2	DigitalRead

これを見ると第1コラムが終端記号で,第2コラムがその種類のようです。
これらを機械的に抽出して色付けをしました。

ちなみに keywords.txt というファイルは複数個存在します。
Arduino-1.8.5 時点では以下の個数あるようです。

hardware/arduino/avr/libraries/EEPROM/keywords.txt
hardware/arduino/avr/libraries/SoftwareSerial/keywords.txt
hardware/arduino/avr/libraries/SPI/keywords.txt
hardware/arduino/avr/libraries/Wire/keywords.txt
hardware/arduino/avr/libraries/HID/keywords.txt
build/shared/lib/keywords.txt
libraries/Stepper/keywords.txt
libraries/TFT/src/utility/keywords.txt
libraries/TFT/keywords.txt
libraries/Ethernet/keywords.txt
libraries/GSM/keywords.txt
libraries/WiFi/keywords.txt

これらから想像付くように,ライブラリそれぞれに keywords.txt は存在し,予約語だけではなくライブラリのクラス名にももれなく色を付ける方針のようなので,Arduino IDEがバージョンアップして標準ライブラリが増えるたびにこのlistings-arduino.styも
同期させる必要があります。
将来的にそのような気力が続くかどうかはともかく,混乱しないようにこのスタイルファイルのバージョンもそれが依拠するArduino IDEのバージョンと同じにしておきます。

さらに,Arduino IDEはユーザが後から入れたライブラリにも色をつけてくれます。
これはライブラリ配布者が keywords.txt を同梱すればそれを見に行くというしかけのようです。
例えば私の環境だと,

C:/Users/ユーザ名/AppData/Local/Arduino15/packages
C:/Users/ユーザ名/Documents/Arduino/libraries

にもライブラリがインストールされていますので,Arduino IDEではここの keywords.txt も考慮されて色が付きます。

というわけで,どこにArduino IDEとライブラリとがインストールされているかを指定すれば,そこから keywords.txt を探し出してそこからトークンを拾って listings-arduino.sty を生成する,というスクリプトが以下です(Ruby)。

#!/usr/bin/ruby
# coding: utf-8
# generate listings-arduino.sty from Arduino IDE

class ArduinoIDEParser
  def initialize(*ref_dirs)
    # enum of "keywords.txt"s.
    # Note: These depend on installed libraries.
    @keywords_txts = []
    ref_dirs.each do |dir|
      @keywords_txts += Dir.glob(File.join(dir, "**/keywords.txt")).to_a
    end

    # table of the tokens(LITERAL1, KEYWORD1, ...)
    @tokens = Hash.new{|h, k| h[k] = []}
    @keywords_txts.each do |f|
      File.readlines(f).map(&:chomp).
        select{|l| l[0] != "#" && !l.strip.empty? && l.match(/^[a-zA-Z_]/)}.
        map{|l| l.split(/\s+/)}.each do |l|
        @tokens[l[1]] << l[0] unless @tokens[l[1]].include?(l[0])
      end
    end

    @ref_dirs = ref_dirs
  end

  def header
    header_str = <<~'EOS'
      % Arduino language style for listings package
      __GENERATED_FROM__
      % usage: \lstinputlisting[language=Arduino]{somesketch.ino}
      %
      __KEYWORDS_TXTS__
      \usepackage[dvipdfmx]{color}

      \definecolor{lst-arduino-sngq}{rgb}{0.000, 0.592, 0.612}
      \definecolor{lst-arduino-dblq}{rgb}{0.000, 0.361, 0.373}
      \definecolor{lst-arduino-literal1}{rgb}{0.000, 0.592, 0.612} % BLUE #00979C
      \definecolor{lst-arduino-keyword1}{rgb}{0.827, 0.329, 0.000} % ORANGE #D35400
      \definecolor{lst-arduino-keyword2}{rgb}{0.827, 0.329, 0.000} % ORANGE #D35400
      \definecolor{lst-arduino-keyword3}{rgb}{0.447, 0.557, 0.000} % GREEN #728E00
      \definecolor{lst-arduino-directive}{rgb}{0.369, 0.427, 0.012}
      \definecolor{lst-arduino-commentc}{rgb}{0.584, 0.647, 0.651}
      \definecolor{lst-arduino-commentcpp}{rgb}{0.263, 0.310, 0.329}
      \definecolor{lst-arduino-identifier}{rgb}{0.000, 0.000, 0.000}

      \lstdefinelanguage{Arduino}
      {
        showspaces=false,
        showstringspaces=false,
        showtabs=false,
        morestring=[s][\color{lst-arduino-sngq}]{'}{'},
        morestring=[s][\color{lst-arduino-dblq}]{"}{"},
        keywordstyle=[1]{\color{lst-arduino-literal1}},% LITERAL1(BLUE)
        keywordstyle=[2]{\color{lst-arduino-keyword1}\bfseries},% KEYWORD1(ORANGE)
        keywordstyle=[3]{\color{lst-arduino-keyword2}},% KEYWORD2(ORANGE)
        keywordstyle=[4]{\color{lst-arduino-keyword3}},% KEYWORD3(GREEN)
        directivestyle={\color{lst-arduino-directive}},
        morecomment=[s][\color{lst-arduino-commentc}]{/*}{*/},
        morecomment=[l][\color{lst-arduino-commentcpp}]{//},
        identifierstyle={\color{lst-arduino-identifier}},
    EOS
    header_str.
      sub(/__GENERATED_FROM__/, @ref_dirs.map{|x| "% Generated from: #{x}\n"}.join).
      sub(/__KEYWORDS_TXTS__/,  @keywords_txts.map{|x| "% #{x}\n"}.join)
  end

  def footer
    <<~'EOS'
      moredelim=*[directive]\#,
      moredirectives={
        define,elif,else,endif,error,if,ifdef,ifndef,line,%
        include,pragma,undef,warning
      },
      sensitive=true
    }
    EOS
  end

  def middle
    tex_lines = []
    %w(LITERAL1 KEYWORD1 KEYWORD2 KEYWORD3).each.with_index(1) do |k, i|
      tex_lines << "morekeywords=[#{i}]{"
      tex_lines << "  %%% #{k}"
      ary = @tokens[k].each_slice(5).to_a
      ary.take(ary.size-1).map{|a| "  " + a.join(",") + ","}.each do |l|
        tex_lines << l
      end
      tex_lines << "  " + ary.last.join(",")
      tex_lines << "},"
    end
    tex_lines.map{|s| "  #{s}\n"}.join
  end

  def to_listings
    header + middle + footer
  end
end

print ArduinoIDEParser.new("C:/Program Files (x86)/Arduino",
                           "C:/Users/foo/AppData/Local/Arduino15/packages",
                           "C:/Users/foo/Documents/Arduino/libraries").to_listings

Windows 7のボタン風LaTeXマクロ

LaTeXの文中でWindows7のボタンっぽいものを表示するマクロを作ってみました。

button.sty

例えば,

\documentclass{jreport}
\usepackage{button}
\begin{document}
こまめに\button{保存}ボタンを押しましょう。
\end{document}

とすると,以下のようになります。

button-sty-sample

また,

\button[150]{保存}

のようにすると,通常サイズの150%の幅のボタンになります。

続きを読む