ESPr Developer (ESP-WROOM-02) を電池で駆動する

小型で手に持てるIoT端末を作りたくて,スイッチサイエンスのESPr Developerがどんな電池で駆動できるか色々試しました。

  • ESPr Developerは素のESP-WROOM-02よりいくつか回路が追加されているので,その分少しだけ消費電力は高いかもしれません。
  • ESPr Developer以外に温湿度センサNeoPixel WS2813Bも接続してテストしています。
  • すべて,ESPr Developer のVINに入れているので,ESPr Developer上の3.3Vレギュレータは通っています。
  • 都合により,Li-Poバッテリは使えない前提です。
  • 本来は3.7~6.0 VをVINに入れるものなので,3Vは完全に定格外です。従って全くの無保証であり,たまたま動くこともあるんだねくらいの情報です。
電池 本数 合計電圧 動作したか
CR2032 2本直列 3V x 2 = 6V ×
CR2450 2本直列 3V x 2 = 6V
単4 3本直列 1.5V x 3 = 4.5V
単4 2本直列 1.5V x 2 = 3V
単5 3本直列 1.5V x 3 = 4.5V
単5 2本直列 1.5V x 2 = 3V
CR123A 2本直列 3V x 2 = 6V
CR123A 1本 3V
CR2 2本直列 3V x 2 = 6V
CR2 1本 3V

コイン電池2枚も魅力的だったのですが,とりあえずの結論として,電池と電池ボックスの入手性も考慮して単5✕2本で動かしてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。